こちらも、”reaching for trust“同様、Canopy Cat Rescueの活動にインスパイアされて描いたものです。

お世話になっているギャラリーが、4月末に冬眠から覚めて、活動を再開します。
それに合わせて、委託販売品や展示での物販の用意をする必要があります。
物販で新作を出したかったので、この作品は、最初から製品化を念頭に置いて描きました。
マグカップと横型のトートバッグに使う予定です。

加えて、このNPOの活動にヒントを得て制作した絵を使ったグッズ類は、寄付対象品として販売しようと思います。
売上10万円ごとに2万円をCanopy Cat Rescueのホームページ経由で寄付します。
猫レスキューのグループは世界中にいくつもありますが、このグループは、自分の創作意欲を刺激してくれるという点で、私にとってかなり特殊な位置づけになります。
その感謝を込めての寄付です☺