3月末頃、唐突に、京都にあるbe京都さんというギャラリーで、アート・アニメーション展を開催することが決まりました。
その準備の一環として、初めて、キャプションボードというものを作ってみたので、そのレポです。

自分で展示をやったことはないものの、展覧会はよく見に行っていたので、展示物の下や横にあるキャプションの存在は知っていました。
しかし、展覧会によって、キャプションの素材や内容はまちまちだったので、とりあえず標準的なものとしてどんなものを用意すればいいのか、少々調査をしました。

その調査の過程で、「キャプションボードの作り方 | 図解で詳しく解説」というブログ記事を発見しまして、ほぼ、ここで紹介された手順に従って、作成してみました。
黒沼弥生様、ありがとうございます!

素材

今回、キャプションボード作りの素材として使用したものは、以下の2点です。
A4サイズ上質紙
・A3サイズのいわゆるハレパネ・ノリパネと呼ばれるパネル用ボード

今回の展示のために調査する前は、ハレパネ・ノリパネの存在そのものを知りませんでした。
今回は、キャプションボード用に購入して使ってみましたが、展示作品そのものにも使えそうです。

ハレパネ・ノリパネも、数多くの製品がありますが、私がとりあえず使ってみたのは、こちらです:
アルテ ハイパープロタックS 3mm A3 3HP-A3

作成作業

準備完了!

A4サイズに印刷したキャプションを、展示するサイズにカットして…

ハレパネもそのサイズに合わせてカット。

カットしたハレパネのキャプション貼付面の中央部。
このように、カバーを細く切り取ると、この部分だけ、粘着面がむき出しになるので…

この上にキャプション内容を印刷した上質紙を貼付し、四隅をピッタリ合わせたら、カバーを全て剥がして、全体を粘着させます。

あとは、これをキャプションごとにカッターで切り離して…

ふちを綺麗にトリミングして完成です!

展示会場の様子です。be京都さんは、宅配便で作品とキャプションを送付すると、展示作業を代行して下さるので、その様子を見に行ってきました。

キャプションは作品の下に配置。
十分な出来栄えだったと思います!^^