green challengeの新旧比較画像をアイキャッチに使ってみました。
左側が旧バージョンで、右側が新バージョンです。

額装なしだとこんな感じ。

<旧バージョン>

<新バージョン>

green challengeを再度制作しようと思った理由は、旧バージョンの全体的な塗りの粗さが気に入らなかったためです。

それと、これはたびたび繰り返している失敗なのですが…。
最初に画用紙に彩色するときにパステルの角を使ってしまうと、パステルで「描いた痕」みたいなものがずっと残って、どう上塗りしてもそれが消せません。
パステルで彩色する際、「線」を描いてしまったらまずだめですね。「面」で色を付けないと。
旧バージョンでは、その「線」=「描いた痕」があまりにも目立つので、これも何とかしたいと思いました。

旧バージョンで気になっていたところは新バージョンで訂正できたのですが、逆に旧バージョンの方が良かった点もありますね。
例えば、右隅のダークなところは、旧バージョンのように様々な色調・濃淡のグリーンがまだらになっている方が、ニュアンスに富んでいてよかったと思います。

これは、ちょっとCG脳の影響かと思うのですが、どうも私は、ニュートラルに…むらなく…均一に…という強迫観念があるようです。
これも、「丁寧な塗り」につながる分には問題ないのですが、手作業の作品の場合は、同時にタッチも大切です。

丁寧さと生のタッチ。
いいバランスを見つけていきたいと思います。