私は4年前からショートアニメーションの分野で色々な国の映画祭に参加しています。
これまで基本的には、モノづくりではなく、コンテンツ制作が興味の中心でした。

ところが、2年前、アニメ制作の新しい手法としてソフトパステルを始め、グループ展等でポストカードなどの物販もやってみたところ好評をいただき、購入してくださる方もかなりおりました。
これを機に、映像制作用に描いたものを製品デザインに応用することに興味が湧き、ポストカード以外のものの制作にも取り組むようになりました。

地元の私設ギャラリー様からも、個展のお誘いと並行して、ギャラリーショップ開設のため委託販売品を提供して欲しいという依頼がありました。
ギャラリーショップは、幅広く色々なアイテムが並んでいる方が楽しいので、この依頼を機に、ほかにどんな製品に自分の作品を活用できるか真剣に考え始めました。

コンテンツ作りは、原画制作の段階ではモノ作りの要素もあるとは言え、概ねデジタル処理ですべてが済んでしまう世界です。
映画祭の審査への応募も、以前はテープに焼いて事務局に出品するのが必要なこともありました。
しかし、今はポータルサイト経由で電子的コミュニケーションというのが主流です。
そのため、製品作りを始める前は、モノ作りというものが、感覚的にほとんどわかっていませんでした。

実際に始めてみると、製品サイズ、生地や紙の品質、プリントの色味、カラーバリエーション、余白の処理、額装、パッケージ、梱包等々、コンテンツ制作では全く気にする必要がなかった多くのことについて、新たに検討が必要になりました。
さらには、ギャラリーさんの売り上げに少しでも貢献できるよう、いわゆる「売れ筋」の予測、見極めといった仕事にも対応しなければなりません。

不慣れなことばかりですが、検討に検討を重ね、試行錯誤しながら製品を完成させ(あまりの業務の多さに、たまに肩で息してます…^_^;)、現物を手にした時の喜びは大きいです。
そして、自分が作ったモノを、ほかの多くの選択肢がある中、選んで使って下さる方がいらっしゃることも、コンテンツ制作の分野では知ることができなかった喜びです。

中でも、特に試行錯誤が多かったのは、レターセットです。
アイキャッチ画像のモミの木レターセットは、ボールペン画のモミの木をデザインに活用しています。
しかし、モミの木の絵は透過処置をしていなかったし、やるとしても作業があまりにも大変なため、背景透過ファイルなしでデザイン可能なものを作ることにしました。
封筒は、当初は、以前パステルアニメを作った時に描いたグリーンのテクスチャ入り背景を使っただけでしたが、単調なのでモミの木画像を反転させて合成。
このくらい広範囲に色がついて、インクジェットの高画質でプリントする場合、薄い紙だとへたってしまい、使い物にになりません。
かといって、厚すぎる用紙だと、封筒の形に折りたたむ際、皺がよってきれいに仕上げられない。
試行錯誤の結果、上質紙90㎏が妥当なところと分かりました。
最近だんだん紙に詳しくなってきました…(笑)

ちなみに、定型封筒の型紙は、ネットで検索すれば、無料でダウンロードできるものがヒットします。
しかし、手作業で用紙をカットする前提で考えると、A4用紙から制作可能な最もシンプルでカット部分が少なくて済む型紙でなければならず、そういう都合のいいものがネットにはありませんでした。
加えて、普通紙設定でプリントするなら余白なし印刷ができませんので、その点も含めて型紙に印刷可能なデザインのレイアウトを考える必要がありました。

こうした試行錯誤の結果、仕上がったモミの木レターセットですが、森林浴気分で心静かにお手紙タイムを満喫するのにぴったりな、控えめな仕上がりになったと思います^^
幸いにして、インスタに写真をシェアしたところ、
「美しいです。絵の世界観が柔らかに反映されていて引き込まれます 」
「とても大人で素敵です」
というコメントをいただきました。
インスタグラムでは、自分では気づけない作品や製品の魅力や特徴について貴重なコメントをいただけるため、ここでのコミュニケーションは重宝しています。
確かに、製品デザインに自分の作品を活用する際には、オリジナルの作品の世界観や空気感が生きるように使うことが大事ですね。

また、最近、地元のギャラリーさんで行われているコンペ兼展示イベントで、こねこぐるぐるトートバッグが、勝者の方への景品として採用されました。
猫好き&バッグ好きの方にお迎えしていただけるといいなと思っています。