goin’ home-birdは、パステルのクラスで描いた作品の復習のために作画したものです。

クラスで描いた作品はこちらに:
参考記事<【パステル教室】夕日と波

クラス作品の課題は夕日と海、特に波を描くということでした。
教わったテクニックを定着させるため、他の作品を描いてみようと思いましたが、夕日と波のセットで描くとやることが多すぎる。
そのため、「夕日」を描くための作品と、「波」を描く作品に分けることにしました。
goin’ home-birdは、そのうち「夕日」にフォーカスした作品です。

1.鳥シールを配置。

2.配色。

3.最初にこすったところ。

4.ここからはしつこく微調整の繰り返しです。
真ん中から外へ、指で円を描きながら光を広げていく。

色を追加投入しながら、ブレンド作業の繰り返し…

光線を描きます。
これもクラスで教わったことですが、こうしてお日様の光線を描きこんでも、馴染ませる過程でこの光線のラインは消えてしまいます。
しかし、完全に消えるわけではなく、痕跡が残る。
痕跡レベルで光線が残っていると、これ見よがしのラインよりも自然に感じられる。

5.上端下端に紫を追加してコントラスト強化。

6.雲とも言えないほどの靄をわずかに追加。

7.少し時間をおいて、ピンクを追加投入。

鳥さんシールをはがして完成です。