ここのところ、まったく作画ができていません。
というのも、作画用のお部屋にスズメバチが迷い込んで、しばらく開かずの間状態が続いているためです…

アイキャッチの画像、スズメバチの巣なのですが、これ、現物を見たことがある人、どのくらいいるのでしょうか…
うちの庭にできていました。

8月のある日、午前4時ころ、半分寝てて半分起きている状態で、なんだか頭上でぶ~んという妙に重い振動音が聞こえまして。
この界隈、結構ヘリが飛んでいるので、屋外の音だろうと思い、気にしてませんでした。
ところが、しばらくして、もう少し頭がハッキリしてきたころ、もっと近いところで、ぶ~ん…コツッ。
ぶ~~~~~ん…コツッ。
と繰り返し聞こえて、その時に、
(これは…虫の羽音!!!!!!!!!!!😱)

幸いにしてこちらは寒冷なので、ブランケットに潜り込んでもさほど暑くはなく、しばらくは死んだふりをして息をひそめていました。
羽音が聞こえなくなり、おそらく近くには虫が止まっていないだろうとかすかな期待のもと、そろりそろりとお布団から抜け出し、部屋も抜け出し、部屋の戸を開けたままで廊下に脱出→階下に降りて家人に報告しました。
廊下の窓は東向きで明るく、部屋はカーテンをしたままで暗いので、虫の活動時間になれば、光がある廊下の窓の方に誘導されて出てくるはずだから、そこで逃がすか仕留めるかしなくては。
と作戦会議をして、そーっと二階の廊下に目をやると、案の定、光の中で虫が飛んでいるのが見えました。
そこで、家人がキンチョールを片手にそろりそろりと階段を上り、窓に執着している虫の姿を近くから見てみると、それがスズメバチだったのです。

もうちょっと小さい虫や刺さない虫の場合は、ガラスの瓶などでさっととらえて、下をハガキでふさぎ、窓から外に逃がすのですが、さすがにあのサイズのよりによってスズメバチでは、リスクが大きすぎました。
やむを得ず、キンチョール噴射。
ご遺体はひばさみで処理させていただきました。

その後、買い物に出た家人が、庭にいつの間にかできていたこの巣を発見。
この中のやつが家の中に入ったんだね~…てことで、即効駆除業者さんに駆除依頼。
この日は外出しないようにして、翌朝、駆除してもらいました(2万円払いました)。
日中、外に働きに出ているハチが、戻ってきて巣がなくてさまよう、いわゆる戻りバチがいるので、当分は戸締りに気をつけてと言われたんですが…
駆除の2日後、今度は昼間に、また二階の私の部屋の中で重い羽音が。
しかし、姿を確認できず、どこに潜んでいるのかわからないので、やむをえず私が必要なものを全部2階から運んできて、階下の別室で寝泊まりしています。
屋内キャンプ状態、数週間続いています…

部屋に紛れ込んだハチは、飲まず食わずなのでそれほど持たないという説がある一方、長生きする個体もいるという説もあり、怖すぎて2階にいけません。
ただ、基本的に冬を越せない虫だそうで、秋が来れば、寒くなることもあって大丈夫ではないかと。

この巣…
見た目は美しいんですけど、実物を間近に見たときには、ぞっとしましたorz
早く元のお部屋で通常営業に戻りたいです…orz