pure blueは、青一色で何が描けるだろうと考えて制作した作品です。
パステルのクラスで、先生の作品を近くでよくよく見てみると、隅々までムラのない丁寧な塗り込みがとても印象的でした。
これは、少ない色数できっちり滑らかに塗り込む練習をした方がいいだろうという考えもあって、単色の作品を作ってみることにしました。

ここで紹介するpure blueは、実はversion 2です。
version 1も、別記事で「経過作品」として紹介していますが、そこでversion 1と2を比較すると、塗り込みの差がよく分かります。

参考記事<【作画比較】pure blue

1.白抜き部分をシールで保護します。

2.ブルーで配色。

3.伸ばします。

4.水色を追加して伸ばします。

5.白を追加して伸ばします。

6.滑らかなグラデーションになるように、根気よくこすります。

完成です。