ミルキーウェイの描き方についてしばらく試行錯誤した後、最後の手段ということで、新しい画材を発注。
更に、このシリーズで大量に消耗した色のパステルを補充すべく、初めてばら売りのパステルを追加発注しました。
その中に、欠品があったため、かなりの間待つことに。

しかし、先日ようやく全ての画材が揃ったので、最後の手段で星空を描いてみました。
アイキャッチに使用している画像ですが、これです。

星空は、やはりこの方法で確定ということでいいですね。
もっと早くにやってみればよかったと思います。
しかし、この手法は、水彩画とかアクリル画とか、他の画材で描いている時に使う方法と、なぜか思い込んでいたのです。
パステル画でやってみたら、なんてことはない、ちゃんとできました…^_^;

その「最後の手段」てなんだという話ですが、使ったものは、これです。

白のポスターカラーと歯ブラシ。

以前から、イラストレーターの方や、漫画家の方が、星空を描く時に、「白インクを筆につけてバシッと飛ばす」というやり方をしていることは、知っていました。
そこで、同じやり方を試みるにあたり、まずはどのポスターカラーを使うか、どんな筆だと作業がしやすいのかを調査。

ポスターカラーは、ある人がブログでおすすめしていたこちらの製品を選びました。
ドクターマーチン 30ml ブリードプルーフ ホワイト

そして、ホワイトを散らすのに使う筆については、いろいろリサーチしたものの、歯ブラシでできるという情報が。
歯ブラシなら、家に予備が沢山あるので、新たに筆を買わなくて済みます。
ということで、歯ブラシを使ってみることにしました。

今回は、背景に緑色を多めに使って、濃紺や黒で暗さを出し、その上に、淡い水色のパステルでモヤモヤの天の川を描き入れます。
フィクサチフは、使用していません。

そして、ポスターカラーを小鉢に少量取り、水溶きします。
それを歯ブラシに含ませ、画用紙に向けて毛の部分を指で軽くしごきます。

あっという間に、星空ができました。
そして、こういう形で星が配置されて初めて、淡色のモヤモヤが天の川に見えるようになった感じ。

この全作業、15分で終わりましたorz
本当に、最初からこのやり方を試しておけばよかったです。

ともあれ、これで星空とミルキーウェイは問題なく作画できるようになったので、後は、全体のデザイン案…これを生かして、どんな画作りをするか、ですね!